品川Vタワー

『品川Vタワー』は、品川駅港南口から屋根付ペデストリアンデッキの「スカイウェイ」を通って徒歩6分、雨の日も濡れることなくマンションエントラスまで来ることができます。
港南口にはアトレ品川、品川インターシティなどの商業施設が充実しており、品川グランドコモンズを右手に、眼下にセントラルガーデンの自然を眺めながら歩くと、エントランスまで本当に近く感じられます。
品川駅は主要路線が集中するビックターミナルです。羽田国際ターミナルや成田国際空港までも成田エクスプレスを使えばダイレクトアクセスですので、日本国内はもちろん海外も身近に感じられるでしょう。
2003年竣工、地上43階建ての超高層タわーマンションの品川Vタワーは、松田平田設計によってデザインされました。その名の通り、V型のフォルムは造形美の表現であると共に、すべての住戸に光と風を招き快適な居住性を確保する機能性が備えられています。
マンション内にはたくさんの植物が配置され、エントランスホールにもデザイン良く配置されています。緑、水、光を取り入れた共有スペースは、癒しを与えてくれます。
充実の共用施設は、フロントのコンシェルジュサービスをはじめ、フィットネスやマッサージのあるコンディッショニングハウスニューズカフェ・エッグシアター、42F、43Fにはスカイサロンが設けられており、超高層マンションならではの眺望を愉しみながらのホームパーティも可能です。
ゲストルームは2部屋用意されており、ビューバス付きのアーバンスイートとロイヤルツインがあります。
そして、屋上にはスカイデッキとちょっとしたお買い物ができるコンビニエンスストアまであります。
住空間としての使いやすさ、住みやすさはもちろんのこと、空間全体を演出する雰囲気まで徹底的に追求されています。
品川Vタワーには、タワー棟とテラス棟(低層レジデンス)がありますが、タワー棟の建築構造は、鉄筋コンクリート造が採用され、耐震性に非常にすぐれています。
柱などにはそれぞれ強度、剛性の高いコンクリート充填柱と鉄筋コンクリート梁が採用され、エネルギー吸収部材としてY型ブレースを配置することにより、震災時の地震エネルギーを吸収する設計となっています。
英表記
Shinagawa V Tower
所在地
東京都港区港南2 タワ-棟:港区港南2-16-7 テラス棟:品川区北品川1-6-16
最寄り駅
JR山手線「品川駅」徒歩6分
築年月
2003年5月
構造
RC造
階建
タワー棟:地上43階地下3階建 テラス棟:地上4階地下3階建
総戸数
650戸
敷地面積
9,578.74㎡
駐車場
452台

位置情報

読込中...

※物件によっては正確な場所が特定できない場合があります。
また、画像はGoogle社より提供されてるデータに基づいたものであり、内容についての責任は負いません。

周辺のタワーマンション