小石川パークタワー

小石川パークタワーは、文人達がこよなく愛した小石川に聳えるハイグレードタワーマンションです。
江戸時代には、大名屋敷街として栄えた小石川は、後に徳川五代将軍となる綱吉の下屋敷跡の小石川植物園や伝通院、慈眼寺など、刹那に歴史を感じることのできる由緒ある地です。
石川啄木、幸田露伴が居を構えたこの地は、日本の近代文学の礎を築いた多くの文人たちにも親しまれてきました。
「小石川パークタワー」は、歴史あるこの地の新たなランドマークとしての存在感を放っています。
春には桜満開となる播磨坂の並木に接し、敷地の南側には江戸の歴史を感じさせる名跡「極楽水」を遺した純和風の庭園、小石川植物園(徒歩5分)と、都市居住にやすらぎを感じさせてくれるロケーションです。
共用施設も充実しており、快適な都市生活をサポートするフロントサービスをはじめ「アスレチックルーム」、「スカッシュルーム」、「パーティールーム」等もあります。
室内は1K〜3LDKまで、入居者のニーズに合わせた多彩な間取りが用意されています。
こちらの物件は高層階も人気なのですが、建物を囲むように緑が広がっているので、低層階のお部屋はちょうど目線に緑がきて視界に広がり癒されるため人気が高くなっています。
英表記
Koishikawa Park Tower
所在地
東京都文京区小石川4-16-13
最寄り駅
東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅 徒歩 9分
築年月
1991年8月
構造
SRC造
階建
23階 地下2階建
総戸数
146戸
敷地面積
5,439㎡
駐車場
38台

位置情報

読込中...

※物件によっては正確な場所が特定できない場合があります。
また、画像はGoogle社より提供されてるデータに基づいたものであり、内容についての責任は負いません。