リガーレ日本橋人形町

2007年10月に誕生した「リガーレ日本橋人形町」は、39階建てのタワーと3階建てのアネックスで構成されています。
平成7年のまちづくり勉強会を開始以来、13年に及ぶ関係権利者の方々の努力と熱意、中央区をはじめとする行政や事業関係者のご支援とご協力、さらには近隣や町会の皆様方のご理解により、本地区の再開発により完成した建物です。
「伝統と都市性の融合」をコンセプトとし、現在335世帯の住居と31件の店舗・事務所から成り立っています。
長く深い歴史が築いた人形町という街を「変える」のではなく「繋いでいく」・・・・それが「リガーレ日本橋人形町」の目指すものです。

地域に安全に住み続けられる再開発-権利者全員の居住継続の実現-
安全で安心して暮らせるまち-防災性に優れた空間の創出-
潤いのある広場の創出などの地域への貢献-茶ノ木神社、広場、町会事務所の整備等-
地域の活性化への貢献-人々が居住し、集い、賑わう空間の創出等-

「リガーレ日本橋人形町」は、以上の4つの目的を持って建築されました。
人形町に鎮座する日本橋七福神の一社で、布袋尊を祀る「茶ノ木神社」は、伏見系の稲荷様です。
社の周囲に茶の木が植え込まれ、芝と茶の緑が見事であったことが名の由来です。
都市開発による事業で仮座していましたが「リガーレ日本橋人形町」の敷地内に新しい社を構え、2008年2月に還座し、入魂式が行われました。
まさに人形町を愛する住民の心が宿る、素晴らしい神社といえます。
LEGARE=絆を結ぶ。
東京・日本橋という古来からの日本の中心地として、発展してきた街に佇む建物。そこには「人」と「人」、「人」と「街」、「絆」と「絆」、さまざまなものを結び合うという願いを込めている。
リガーレとはイタリア語とラテン語の造語で「結ぶ」という意味。
いろいろな絆を結び、そして繋ぐ、リガーレ日本橋人形町。
英表記
Legare Nihonbashi Ningyocho
所在地
東京都中央区日本橋人形町1-12-11
最寄り駅
東京メトロ半蔵門線「水天宮前駅」徒歩2分
東京メトロ日比谷線「人形町駅」徒歩3分
都営浅草線「人形町駅」徒歩5分
築年月
2007年10月
構造
RC造
階建
地上39階 地下2階建
総戸数
310戸 (UR247戸)
敷地面積
2,451.87㎡
駐車場
有り

位置情報

読込中...

※物件によっては正確な場所が特定できない場合があります。
また、画像はGoogle社より提供されてるデータに基づいたものであり、内容についての責任は負いません。