テラス東陽町ネクスタワー

東京の中心であり続けてきた「東京」駅を中心とするエリアはいま、急速に変貌しています。
「東京」駅周辺で数多くのビル建築が進むとともに、日本橋エリアも中央区によって再開発が促進されています。
さらに、有楽町・銀座エリアでも百貨店などの建て替え計画が進行。
新しい魅力によってこれからも東京の中心であり続けるエリアが、「テラス東陽町 ネクスタワー」から直通9分に位置しています。
そして約1.2km圏内に、4つの大型商業施設があるほか、昔ながらの風情が息づく砂町銀座商店街は、全長670mに約180店舗が軒を連ねるなど、便利で潤いに満ちた立地となっています。
自転車に乗れば、各利便施設や公園を快適に利用できます。たとえば、仙台堀川公園(約260m)、南砂三丁目公園(約680m)、横十間川親水公園(約680m)、新砂あゆみ公園(約730m)、木場公園(約1,560m)、江東区役所(約1,060m)、江東南砂郵便局(約110m)、南砂在宅介護支援センター(約600m)、南砂地域包括支援センター(約600m)となっています。
ランドスケープは、周囲の緑景と連続感を生み出しながら、視覚を癒す造形美を織り込んだデザインとなっており、アップテンポな日々を生きる東京人を、穏やかさと静謐さに満ちたシーンで包み込みます。
外観は1階部分のアースカラーから、低層階のバルコニー手すりのオフホワイトへ、さらに高層階のガラス手すりへ。
軽やかな上昇感を表現したデザインとなっています。バルコニー内部をダークブラウンとすることで、安定感も演出され、また、明治通り側は、1階のルーバーで街並みとの調和を図りながら、エレベーターホールが描き出す光のラインによってランドマーク性が強調されています。
そして、明治通りからエントランスまで十分な奥行きを確保した「カームコリドー」が、落ち着きと静寂に満たされた建物内へとエスコートします。
舗道パターンのリフレインと呼応する植栽、手すりデザインによって、心地よいリズム感も演出。
さらに、正面にはガラスの光壁を背景にしたシンボルツリーを配して、我が家に帰り着いた安堵感を深めます。
日々の慌ただしさを忘れさせるような、ゆったりとした時間。
そんな心地よさを引き出すために、月の曲線をデザインモチーフにした居住者専用の庭園「プライベートガーデン」が設けられています。
ガーデンラウンジからは、緑のアンジュレーションが絵画のように広がる風景。
住戸のバルコニーからは、庭園灯の柔らかな光の中に曲線が浮かび上がる幻想的な風景。
その中に佇めば、柔らかく流れる風や、四季折々の木々の色彩に心が癒されます。
そして、低炭素社会にふさわしい生活品質のために、4つの視点に沿って環境共生型の設備・仕様やサービスが積極的に導入されています。
毎日の快適な暮らしと地球環境への配慮を両立させることが目指されています。
たとえば、セメント比を50%以下に抑えることで住宅性能評価における劣化対策等級「3」をクリアするとともに、専用配管と共用配管についても住宅性能評価の維持管理対策等級「2」を確保し、建物の長寿命化を図っていたり、季節ごとに表情を変える植栽によって敷地内を緑化するとともに、高さ3m以上の高木による緑化面積を総緑化面積の30%とすることなどにより、「東京都マンション環境性能表示」の3項目において最高位となる☆☆☆を獲得しています。
英表記
Terrace Toyocho Nxtower
所在地
東京都江東区南砂2-36-7
最寄り駅
東京メトロ東西線 東陽町駅 徒歩12分
東京メトロ東西線 南砂町駅 徒歩7分
築年月
2011年3月
構造
RC造
階建
地上25階建
総戸数
168戸
敷地面積
4,094.45㎡
駐車場
346台

位置情報

読込中...

※物件によっては正確な場所が特定できない場合があります。
また、画像はGoogle社より提供されてるデータに基づいたものであり、内容についての責任は負いません。